ニキビ跡 ランキング

赤み・色素沈着のニキビ跡を最短で消す!?

繰り返すニキビ跡に悩んでいる人も多いはず。ニキビ跡は放っておくとどんどん増えていくので大変です。見た目にも不潔な印象を与えてしまうのでなるべく早くキレイにしたいですよね。当サイトの管理人のマコです。私は10代の頃からずっと赤みや色素沈着のニキビ跡に悩み続けてきました。ニキビ跡をキレイにするために効果がありそうなものは片っ端から試してきました。そんな努力の甲斐もあって今ではすっかりキレイな卵肌に回復することができました。

 

そこで当サイトでは実際に私が試して効果の高かった化粧品を中心にネットの口コミも参考にしながら厳選してご紹介します。ニキビ跡がどうしてもキレイにならなくて困っている方は是非参考にしてくださいね。

 

ニキビ跡に悩んでいる人のお力になれればこんなにうれしいことはありません(^^)/

 

ニキビ跡専用化粧品を選ぶポイントは?

ポイント1:肌にしっかり浸透すること

ニキビ跡を繰り返している肌は固くゴワついています。ちょうど水を通さない岩のような感じです。そんな肌にもしっかり浸透する化粧品を選ばないと毎日続けても肝心の効果がでません。肌にしっかり浸透することで有効成分が肌の奥まで浸透して今あるニキビ跡を効果的に改善します。

 

ポイント2:ニキビの炎症を抑える有効成分が配合されていること

ニキビ跡の原因はニキビの炎症です。ニキビが炎症することで肌に大きなダメージが加わりニキビ跡になります。そんなニキビの炎症をしっかり抑えることのできる有効成分が配合されている化粧品を選ぶことで繰り返すニキビ跡を防ぎます。

 

ポイント3:肌に優しく副作用のないもの

ニキビ跡をくりかえしている肌はとってもデリケートです。肌に有害な成分が入っていると刺激となってニキビ跡が悪化します。無添加で肌に優しい処方の化粧品を選ぶべきです。

 

ニキビ跡を消す!ニキビ跡専用化粧品ランキング

リプロスキンの特徴

ナノBテクノロジー3.0で肌の奥までしっかり浸透

最小サイズは10億分の1メートルまで小さくすることを実現
ニキビの炎症を抑える有効成分配合で安心
肌のターンオーバーを改善して弾力のある肌を実現
満足度96.1を達成
60日間返金保証付きなので安心してお試しできる

価格 2,490円
評価 評価5
備考 60日間返金保証付き

 

パルクレールの特徴

美容成分99.4%の高濃度美容液

刺激が少ない低刺激処方で安心
モデルや芸能人も愛用中
17時までのご注文は当日発送
業界初の永久返金保証付きで安心

価格 5,200円
評価 評価4.5
備考 永久返金保証付き

 

薬用アクレケアの特徴

リピート率脅威の99.5%達成

デコボコニキビ肌専用化粧品なので効果的
ニキビの炎症を抑える甘草エキス配合
タマゴ肌に最短で近づける
すっぴんでも外出できる肌に

価格 4,500円
評価 評価3
備考 デコボコニキビ肌専用化粧品

 

ニキビ跡専用化粧品でニキビ跡が消える理由

ニキビ跡を繰り返しているお肌は固くゴワついた肌のため水分が失われて柔軟性もありません。お肌に柔軟性が足りないと肌に良い成分も浸透しません。ちょうど岩のようなイメージです。そんな浸透しにくいお肌にはニキビ跡専用化粧品が最も効果を発揮します。浸透力を高めることでニキビ跡の肌にも有効成分をぐんぐん浸透させることができます。その結、柔軟性のあるみずみずしいお肌へと変化します。

 

 

柔軟性のあるお肌を取り戻すことでニキビやニキビ跡を繰り返すこともありません。今までいろんなケアをしてきたけど一向に良くならなかった方は肌の奥まで有効成分が届いていなかった可能性があります。いくら良い成分でも肌に浸透しなければ何も付けていないのと同じです。

 

まとめ
・ニキビ跡を繰り返している肌は固くゴワついているので有効成分が浸透しにくい
・ニキビ跡専用化粧品ならぐんぐん浸透して有効成分を肌の奥まで届けることができる
・柔軟性のある肌はニキビやニキビ跡を繰り返さない

 

今すぐニキビ跡をキレイにする!

当サイトは、最短でニキビ跡をキレイにするためのニキビ跡専用化粧品をご紹介するサイトです。ニキビ跡をケアするには美容皮膚科などのレーザー治療もありますが費用も高額で副作用の心配もあります。また治療を受けるために何度も通院するのもとっても大変です。そんなことをしなくてもニキビ跡専用化粧品で毎日セルフケアすることでニキビ跡も良くなっていきます。

 

管理人は10代の頃からニキビとニキビ跡を繰り返してきました。一時は外出するのも億劫になって引きこもりになったこともあります。そんな私も今ではニキビ跡の悩みから抜け出すことができました。それも毎日欠かさずニキビ跡のケアを続けてきたからです。もちろん食事や生活環境にも気をつけました。ニキビ跡はセルフケアでも改善することができます。

 

●最短でニキビ跡を改善するならリプロスキンがベスト!

 

リプロスキンはニキビ跡専用化粧品として開発された人気のコスメです。リプロスキン独自のナノテクノロジーが固くゴワついた肌へ有効成分をしっかり届けて肌の奥からニキビ跡を改善します。ニキビの炎症を抑える有効成分はもちろん美白効果や肌のターンオーバーを改善する成分もたっぷり配合されているので最短でニキビ跡を改善して柔軟性のある健やかなお肌を取り戻すことができます。

 

 

●リプロスキンを使うと・・・
1、柔軟性のある健やかな肌になる
2、ニキビやニキビ跡に強い肌になる
3、すっぴんにも自身がもてる

 

ニキビ跡なんて今すぐやっつけましょう!

 

>>リプロスキンの最安値はこちら

 

ニキビ跡の原因

ニキビ跡を繰り返してなかなか良くならない・・。そんな人も多いのではないでしょか。ニキビ跡の原因を知ることから始めましょう。

ニキビ跡の原因

ニキビ跡の原因は大きく2つあります。それぞれの原因をご紹介します。

ニキビの炎症

ニキビ跡になる原因はニキビの炎症です。ニキビがあっても炎症しなければニキビ跡として残りませんが炎症したり、その炎症がどんどん悪化することで肌内部の組織が損傷することでニキビ跡として残ることがあります。ニキビを炎症させないように気をつけることが大切です。

 

自分でニキビを潰す

つい自分でニキビを潰したくなることってありますよね。そんな何気ない行為が原因となってニキビ跡が残ることがあります。特に素手でニキビを潰す行為は避けましょう。手には目には見えないばい菌がたくさん付着しています。そんなばい菌の付いた手でニキビを潰すと毛穴にばい菌が侵入して炎症を起こすことがあります。まだ炎症を起こしていない白ニキビや黒ニキビであってもニキビを潰す時に他の皮膚にも傷をつけてしまって炎症を引き起こす可能性が高くなります。すでに炎症している赤ニキビや黄ニキビの場合には悪化の危険が高まります。

 

このことから基本的には自分でニキビを潰す行為は避けたほうが良いでしょう。どうしても潰したい場合には皮膚科などの専門医に相談すると良いですよ。

 

ニキビ跡の種類と原因

赤みのあるニキビ跡

比較的多いのが赤みのあるニキビ跡ですね。この赤みのあるニキビ跡の原因はニキビの炎症により傷ついた肌を修復するために毛細血管が毛穴周辺に集まることで血液の赤い色が赤くすけて見えるようになります。これは炎症や傷を追った肌を自然治癒させるための体の仕組みです。つまり炎症や傷を治すために毛細血管がニキビの炎症部分に集まってくることで赤く見えるわけです。

 

色素沈着のニキビ跡

ニキビ跡の色素沈着の場合、茶色や黒色のシミが肌に残ることがあります。これはニキビの炎症や傷から肌を守るためにメラニンが発生したことが原因です。ちょうど紫外線から肌を守るためにメラニンが発生するのと同じですね。肌にダメージを与える紫外線や炎症や傷から肌を守るための防御反応です。このメラニンが過剰に排出された結果、茶色や黒色のニキビ跡が残ります。

 

クレーター状のニキビ跡

ニキビ跡が悪化するとクレーター状のニキビ跡になることがあります。これはニキビの炎症が肌の奥まで進行することで肌の奥にある真皮層にまで到達して肌を支えているコラーゲンやエラスチンなどの肌細胞を破壊することで起こります。深いクレーターになるとセルフケアでは回復が難しくなってきます。

 

しこりニキビ跡

ニキビが治っても白や紫、赤色の硬いしこりのようなものが残ることがあります。これはニキビの炎症がひどい場合に起こります。ニキビの炎症がひどく肌の奥にある真皮層や皮下組織にまで損傷が及ぶと細胞が過剰に肌を修復させようと働き細胞が過剰に作られることでしこりのように肌が盛り上がってきます。

 

このしこりには肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)とケロイドがあります。
肥厚性瘢痕はそれ以上拡大することはなく肌の新陳代謝のよって治ることもありますがケロイドの場合には徐々に拡大を続けて自然に治ることはありません。そのため皮膚科などの専門医での治療が必要になります。

 

ニキビ跡の対策

ここまでニキビ跡の種類と原因をご紹介してきました。次にニキビ跡に対する対策をご紹介します。

 

赤みが残るニキビ跡の対策

赤みが残るニキビ跡に効果的な対策は肌のターンオーバーを促進して新しい肌細胞が生まれる環境を整えることです。ニキビ跡の肌は肌のターンオーバーも大きく乱れていることも多く肌の新陳代謝も低下しています。このような状態では赤みが残るニキビ跡もなかなか良くなりません。

 

肌のターンオーバーを整えること!

肌のターンオーバーを整えるには、ビタミンC誘導体やレチノール、プラセンタが配合されているコスメを使うと効果的です。赤みが残るニキビ跡はセルフケアでも十分に改善できます。

 

色素沈着するニキビ跡の対策

色素沈着したニキビ跡に効果的な対策は肌のターンオーバーを高めて色素沈着した古い角質をどんどん体の外へ排出すること。メラニン色素が皮膚に定着してより黒くなるのを防ぐことが重要です。

 

肌のターンオーバー&メラニン色素

ビタミンC誘導体やプラセンタは肌のターンオーバーを整える働きと美白効果に優れているので色素沈着したニキビ跡にはとっても効果的です。少し時間はかかりますが色素沈着したニキビ跡もセルフケアでも十分に改善できます。

 

凸凹のクレーター状のニキビ跡の対策

凸凹のクレーター状のニキビ跡に効果的な対策は肌のコラーゲンを増やすことです。肌の真皮層にあるコラーゲンを増やすことで肌の凸凹のクレーターを浅くすることができます。

 

コラーゲンを増やすこと!

肌の弾力を支えているのは真皮層にあるコラーゲンやエラスチンです。コラーゲン配合のコスメやコラーゲンやエラスチンを産生する繊維芽細胞を活性化するレチノール、ビタミンC誘導体、プラセンタ配合のコスメが効果的です。凸凹のクレーター状のニキビ跡は一般的にはセルフケアでの完治は難しく症状がひどい場合には皮膚科などの専門医に相談する方が良いでしょう。

 

しこりニキビ跡の対策

しこりニキビ跡はセルフケアで完治させることは難しく放っておけば悪化することもあります。そのため皮膚科などの専門医に相談することをお勧めします。

 

効果的なニキビ跡ケア

毎日の生活の中で知らず知らずのうちにニキビ跡を悪化させてしまっていることがあります。そんな悪循環を繰り返さないためにも効果的なニキビ跡ケアをご紹介します。

 

スキンケア編

毎日のクレンジングと洗顔

間違ったクレンジングと洗顔を繰り返すことでニキビ跡が悪化して一向に改善しないこともあります。ニキビ跡を繰り返している肌はとってもデリケートになっています。クレンジングと洗顔を行う際には必要以上に力を入れないように優しくケアすることが重要です。ゴシゴシ力を入れずに丁寧にケアしましょう。洗う際には30℃~32℃のぬるま湯がお勧めです。

 

洗顔後の保湿

洗顔後の肌はとっても乾燥して無防備な状態です。直ぐにたっぷりの化粧水で保湿しましょう。このとき手に化粧水を取って少し温めた後でしっかりハンドブレスで肌に馴染ませると効果的です。乾燥が気になる方は重ねづけをすることで更に保湿効果がアップします。

 

化粧水が合っていない場合の見分け方
化粧水を肌に付けた直後に「赤み&痒み」が出た場合には使用を中止すること!
この場合には化粧品の成分が肌に合っていないことや刺激の強すぎる成分が配合されていることが考えられます。

 

乳液やクリームの使い分け

肌の乾燥がひどい場合には乳液やクリームも使って保湿することも大切です。しかしオイリー肌の人が必要以上に乳液やクリームを使うと油分が過剰になって逆にニキビを悪化させることがあるので肌の状態に合わせて使い分けするようにしましょう。

 

絶対に避けたいスキンケア編

ピーリング化粧水

ピーリング化粧水は肌の表面に蓄積した古い角質をフルーツ酸などの薬剤で溶かすことで肌のターンオーバーを無理やり改善させようとするスキンケアです。もちろん肌のターンオーバーを改善させることはニキビ跡には効果的ではありますがそれに伴う弊害の方が大きくなります。

 

刺激が強すぎる

ピーリング化粧水は健康な肌でもピリピリすることがあるぐらいなのでニキビ跡を繰り返す肌には刺激が強すぎます。

 

乾燥する

肌表面の角質をピーリング化粧水で溶かすことで肌が乾燥しやすくなります。その後のケアをしっかりしないと乾燥が悪化して新たな肌トラブルの原因となります。

 

拭き取りによる刺激

拭き取りを行うと肌の上をコットンなどで擦ることになります。その行為が肌に過度な刺激を与えることになります。

 

添加物が多い化粧水

化粧水には状態を保つ為の防腐剤やつけ心地を良くするための香料や着色料、更には肌に大きな負担を与える界面活性剤など多くの添加物が確認されています。添加物の量が多いほど肌にとっては負担となるので出来る限り避けたいですね。特に「スルホン酸ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸アンモニウム」などが配合されている化粧水は肌への負担も大きくなるので注意が必要です。

 

日常生活編

ストレスを溜め込まない

ストレスはニキビの原因となりニキビ跡へと繋がります。日々のストレスを上手に解消することで不要なニキビを作らないようにしましょう。軽いウォーキングなどの適度な運動を日課にすることもストレス発散に良いですよ。

 

食生活を見直す

日々の食生活はニキビやニキビ跡にとっても重要です。辛い物や脂っこい物、甘い物が大好きで偏った食生活を送っている方は特に注意してください。特にビタミンB群やビタミンC、ビタミンE、ビタミンAなどは積極的に摂取したいですね。

 

睡眠はしっかり取る

睡眠不足が続くとニキビやニキビ跡に限らずお肌の状態が悪くなります。1日6時間以上の睡眠を心がけましょう。眠る直前までスマホやテレビを見ることは目や脳を刺激して質の良い眠りの邪魔になるので避けましょう。

 

紫外線対策はしっかりする

ニキビの炎症が悪化することで肌の奥深くまで炎症や傷が広がってニキビ跡が発生します。紫外線はニキビの炎症をさらに悪化させるので注意が必要です。これ以上ニキビの炎症を悪化させないためにも紫外線対策はしっかりしたいですね。

 

ニキビ跡をカバーするメイク術

ニキビ跡を上手にカバーするにはファンデーションとコンシーラーを使いこなすようにします。ファンデーションはパウダータイプがお勧めです。中でもミネラルファンデーションはニキビ跡には適していません。なぜなら皮膚呼吸が阻害されないので肌のターンオーバーを邪魔しません。

 

塗り方のコツは乾燥した肌だとファンデーションの乗りが悪く凹凸が目立つので保湿した後で行います。保湿した直後にファンデーションを塗ると逆にヨレることもあるので気を付けて下さい。

 

コンシーラーもミネラル成分配合のスティックタイプのモノを使うことで肌にも優しくしっかりカバーできます。実際にコンシーラーを塗る時には少し広めに塗って周りをぼかすとキレイに隠すことができます。

 

ニキビ跡に効く美容成分!
ニキビ跡に効く成分も様々なモノがあります。一見すると同じように見えることもあって効果の違いが分からないかもしれません。そこでニキビ跡に効く成分についてまとめてみました。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

植物の甘草の根から抽出した成分でニキビの炎症を抑える効果に優れています。ニキビ化粧品にも配合されている確率が高い成分です。ニキビの炎症を防ぐことができればニキビ跡も繰り返しません。

 

サリチル酸

サリチル酸は殺菌効果、炎症を抑える効果、古い角質を除去する効果に優れていてニキビやニキビ跡にも効果が期待できる成分です。効果が大きい反面、肌への刺激も強いため敏感肌の方には赤みや痒みなどの副作用が出ることもあるので注意が必要です。

 

ビタミンC誘導体

ニキビの炎症を抑えたりメラニン色素を抑制、コラーゲン生成、ターンオーバーの改善などニキビやニキビ跡にとっても効果的な成分です。

 

ハイドロキノン

皮膚科でも使われることの多いハイドロキノンはシミの原因とされるメラニン色素の産生を抑えること以外にもメラニン色素を作り出すメラノサイトと呼ばれる細胞そのものを減少させる働きがあります。ニキビがおさまっていてメラニンによる色素沈着が目立つニキビ跡には効果的です。しかしまだニキビがおさまっていなくて繰り返している状態では逆にニキビの炎症が悪化して色素沈着がひどくなることもあるので注意して下さい。

 

アルブチン

アルブチンはメラニン色素を抑制する美白成分ですが、ハイドロキノンに比べ刺激が少なく肌にも優しい成分なので比較的安心です。厚生労働省にも認められている美白成分です。

 

トラネキサム酸

トラネキサム酸はアミノ酸の一種でメラニンの生成を抑制する効果や炎症を抑える効果があります。ニキビ跡のケアとしてはメラニンの色素沈着が原因となっているニキビ跡に効果を発揮します。

 

プラセンタ

プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出したエキスでニキビの炎症を抑える効果や肌のターンオーバーを整える効果があります。コラーゲンの生成を促す効果もあるのでクレーター状のニキビ跡にも効果が期待できます。

 

ダーマホワイト

ダーマホワイトは「ワルテリアインディカ」という葉を原料とする植物由来の美白成分です。厚生労働省にも認可されている美白成分のアルブチンに比べ実に2倍以上の美白効果が確認されています。メラニンによる色素沈着のニキビ跡には効果があります。

 

カモミールエキス

薬草として4000年以上前から利用されていたカモミール。美白効果、抗炎症効果、保湿効果に優れていてニキビやニキビ跡にも効果的な成分です。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は肌の保湿成分です。ヒアルロン酸が減少すると肌が乾燥して外部の刺激を受けやすくなりニキビが出来やすくなります。しっかりヒアルロン酸を保つことで潤いのある健康的な肌へと導きます。

 

コラーゲン

コラーゲンは肌の真皮層にあって肌のハリを支える成分です。クレーター状のニキビ跡にはある程度の効果が期待できます。

 

セラミド

セラミドは肌のバリア機能を保つ成分で肌の乾燥を防いでいます。セラミドが不足すると肌内部の水分が蒸発して刺激に対して弱くニキビの出来やすい肌になります。

 

ドラッグストアや薬局で買えるプチプラ化粧水・美容液

ニキビ跡のケアは6ヶ月~1年と長期になることも少なくありません。長くなるほど金銭面の負担も大きくなるのでドラッグストアや薬局で手軽に購入できるコスメだと嬉しいですね。そこでそんなプチプラコスメをご紹介します。

 

ちふれ化粧品 美白美容液 W 30ML(医薬部外品)
ちふれの化粧水は厚生労働省にも認められている美白成分「アルブチン」配合で色素沈着のニキビ跡には効果を発揮します。肌への刺激も少ないので安心です。もう一つの有効成分「ビタミンC誘導体」配合でニキビの炎症を鎮めてくれるので今あるニキビにも有効です。
詳細はこちら

 

肌研(ハダラボ) 白潤 薬用美白化粧水 170mL【医薬部外品】
白潤は美白効果の高い「アルブチン」「ビタミンC誘導体」や保湿効果の高い「ヒアルロン酸」が配合されているのでニキビ跡の肌には効果が高い化粧水です。真っ赤なニキビ跡が目立たなくなってきたという口コミもあってその効果には期待が持てます。
詳細はこちら

 

メラノCC 薬用しみ集中対策液 20mL
メラノCCには美白成分の「ビタミンC誘導体」の他にもニキビの炎症を抑える「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されているので色素沈着のニキビ跡はもちろんですが、繰り返すニキビの炎症も鎮めてくれます。
詳細はこちら

 

正しい基礎化粧品の使い方

基礎化粧品を正しく使うことで肌の状態を良い状態に保つことができます。逆に間違った基礎化粧品の使い方をすると肌トラブルの原因になります。ここでは基本的な基礎化粧品の正しい使い方をご紹介します。

 

洗顔後の素肌には、化粧水→美容液→乳液→クリームの順番でお手入れを行います。実際にはどのような効果があるのか見ていきましょう。

 

化粧水

洗顔後の肌は水分が不足して乾燥状態でとっても敏感になっています。このままでは外部の刺激をもろに受けてしまいダメージを受けることになります。この状態から抜け出すためには化粧水でしっかりと保湿することが大切です。化粧水の一番の目的は「保湿」です。

 

肌の奥まで保湿成分が行きわたることで次の美容液の有効成分もぐんぐん吸収することができます。洗顔後の肌には時間をおかずに化粧水で保湿するようにしましょう。

 

美容液

シミやしわ、たるみ、乾燥などそれぞれの肌トラブルに効果を発揮する有効成分が配合されている美容液を使うことで集中的にケアすることができます。シミが気になる方はシミに特化した美容液を使うと効果もアップします。

 

乳液

油分と水分をバランスよく配合しているのが乳液の特徴です。

 

クリーム

乳液よりも更に多くの油分が配合されているのがクリームです。化粧水~乳液までの最終に使うことで様々な有効成分をお肌に閉じ込めることができます。

 

このような流れが正しい基礎化粧品の使い方になります。間違っても洗顔後にクリームを塗ることは避けて下さいね。乾燥したお肌にクリームでフタをすると肌トラブルの原因になります。

 

この流れで順番にお手入れをすれば途中の美容液や乳液、クリームのいずれかを飛ばしても肌の状態によっては問題ありませんが化粧水は絶対に必要なので飛ばさないで下さい。最低でも洗顔と化粧水は必要です。

 

ニキビ跡のQ&A集

ニキビ跡のクレーターは治りますか?

クレーター状のニキビ跡はニキビの炎症を繰り返すことで肌の奥深くまでダメージを与えてしまった結果、肌の弾力を支えるコラーゲンに損傷を与えることで起こります。比較的軽いニキビ跡ならコラーゲンを増やしたり肌のターンオーバーを促進する成分が配合されているコスメを使うことで目立たなくすることも可能ですがクレーター状のニキビ跡が悪化している場合にはセルフケアでの改善は難しいかもしれません。気になる方は皮膚科などの専門医に相談してみてください。

ニキビ跡は皮膚科で診てもらえるの?

ニキビ跡を診てもらうには皮膚科、美容皮膚科のどちらかを受診する事になります。一般的には皮膚科は保険診療が中心で美容皮膚科は自費診療が中心です。費用面では当然自費診療の方が高額になりますが効果は期待できます。

 

一般的な皮膚科では1時間に6名ぐらいの患者さんを診ているので先生と対話できる時間は5分程度しかありません。治療内容も限定的になるので効果もあまり期待できません。美容皮膚科の場合には先生との対話時間も長く治療内容もたくさんあるので効果もかなり期待できます。

 

特にクレーター状のニキビ跡は美容皮膚科でのレーザー治療が効果的です。

ニキビ跡の正しい洗顔方法は?

洗顔のポイントはゴシゴシ擦らずにたっぷりの泡で優しく短時間で洗うことです。一番ダメな洗顔が力を入れてゴシゴシ洗うことです。こうした洗顔を行うと摩擦が刺激となってニキビやニキビ跡を悪化させてしまいます。たっぷりの泡で洗うこともポイントです。こうすることで泡が摩擦を和らげてくれます。手で洗うという感覚から泡で洗う感覚ですね。洗う時間はすすぎまで入れて1分~1分半以内が理想です。

ニキビ跡にピーリング化粧品を使っても大丈夫?

ピーリングは肌表面の余分な角質を溶かして無理やり剥がすものです。健康な肌にも刺激が強くピリピリすることもあります。ニキビ跡の肌はとってもデリケートで敏感なので刺激に強いピーリング化粧品を使うことでニキビ跡が悪化することも考えられるのであまりお勧めできません。

ニキビ跡のシミは消えるの?

ニキビ跡のシミは肌のターンオーバーを整えることで改善することが可能です。肌内部に定着したシミは肌のターンオーバーを整えることで徐々に肌表面に移動してやがて古い角質と一緒に剥がれ落ちていきます。

こ顎にニキビ跡が出来やすいのはなぜ?

大人ニキビの場合には顎やフェイスラインに多くニキビが発生します。その理由は毛穴が小さく皮脂が詰まりやすいためです。毛穴に皮脂が詰まることでニキビ菌による炎症が起こります。特に女性の場合にはホルモンバランスが乱れて皮脂の過剰分泌が起こり顎やフェイスラインにニキビやニキビ跡が目立つようになります。

ニキビ跡はオロナインで治るの?

どこの家でも目にするオロナイン。一家の万能薬として重宝している方も多いと思います。しかしオロナインの効果は殺菌消毒&保湿です。炎症を起こした初期のニキビにはある程度の効果がありますが、炎症をともわないニキビ跡には効果がありません。ニキビ跡に効果のある美白成分もターンオーバーを改善する成分も一切入っていません。

 

まとめ

ニキビ跡ってなかなかキレイにならないので人目を気にする人も多いはず。私も10代の頃からずっと人目を気にして生活してきました。こんなニキビ跡が目立っていたら彼氏も出来ないってずっと思っていたので恋愛にも積極的になれずにさみしい思いをしてきました(;´Д`)

 

そんな私でしたが今ではすっかりニキビ跡がキレイになって自分にも自信が持てるようになり念願だった彼氏もゲットすることができました。ニキビ跡が気になってどうしても積極的に毎日を楽しめない方はニキビ跡に効果的なコスメでしっかりお手入れを続けてみてください。きっと自分にも自信が持てるようになって恋愛も仕事も積極的に取り組めるようになりますよ(^^)/

 

 


更新履歴